ブログ運営

数あるブログサービスから「はてなブログ」を選んだ理由【天才ブロガーの存在】

こんにちは。あとがたりぶろぐの主、うっちーです。

今回なんですけれど、なんで「はてなブログ」を選んだのか、その理由を記事にしてみました。

有名なところでいうと「Ameba」とか「ライブドア」とか「FC2」がありますよね?

でも、僕の中でブログをはじめるなら絶対に「はてなブログ」だと決めていました。

確固たる意志がありました。

この理由に納得していただけるかはわかりませんし、理由は本当に単純です。

そして、先に注意していただきたいことがありまして、この記事は、ブログサービスの比較まとめ記事ではありません!

それでもよければぜひご覧ください。

もう今回は、もくじ2つです。ほとんど内容は1に入ってます。

それではどうぞ。

はてなに君臨した隠れた天才ブロガーの存在

皆さんの中でも、伝説的な存在になっているブロガーさんが1人や2人いませんか?

現在、僕は、こうしてブログを書いていますが、そのきっかけになった第一線で活躍されているブロガーさんはたくさんいます。

しかし、僕がしんどい時、元気をもらうために読んでいたブログがあります。

とにかく電車の中で口元を抑えながら爆笑していました。

仕事が嫌すぎて、現実逃避をしようとそのブログを読んで元気をだしていました。

そんなパワフルな元気を与えてくれた天才ブロガーさんの名前は、

 

……

 

加藤はいね

 

さんです。

 

知ってる知ってる!!!!

という方多いんじゃないでしょうか?

なんせ、生きる伝説です。

この人は、実は覆面作家兼芸人なのではないのか?と個人的に思っているのですが、救命救急で働くベテラン看護師さんみたいですね。

もうね、圧倒的な文章のテンポと笑いのセンスが半端じゃない。

初めて聞いたという方は、とりあえずここで紹介した記事を読めば、好きになるはず。

加藤はいねさんのプロフィールを紹介します。
32歳。救命救急病棟勤務の看護師。プライベートはツンドラ。24歳のときに立ち上げたブログが、その文体、内容ともに喪女のみならず多くの人の支持を集めて一躍知る人ぞ知るブロガーに。現在執筆中のブログは、『私の時代は終わった』『エロマンティック』
出典:『女子SPA!』
加藤はいね | 記事一覧 | 女子SPA!

現在は、『私の時代は終わった』の「処女航海は今日も荒波!」(2017年2月13日)という記事が最新になるのですが、どうやら当時は「知る人ぞ知る、コアな人気を誇るブロガー」だったようです。

僕が、天才的だから読んで!と言っても、信頼性に欠けると思うので、もうどんどんセンス抜群の文章と爆笑必須の記事をご紹介していきます。

長くなってしまうので、今回は僕が大好きな記事5選です!

①幻の「貞子VS伽椰子」

見てない映画を勘でレビューする」という、これもまたセンス抜群のカテゴリーですが、一部好きな文章をピックアップします。

何が好きって、貞子の呪いのビデオってとこ凄い好きでね。

例えば伽椰子ちゃんの呪いなんて、家にかかってるわけで、その家に関わった人がみんな呪われていくスッキリした正統派呪いなの。

これに対して、貞子のビデオを見た人が呪われるっての、超まどろっこしいし、なんかこう恥ずかしくないですか?ビデオ見てねって、おめぇどこのアイドルかっつー。

そもそもお化けの持てる自意識を越えてるわけですよ、自分のビデオを使うって。
現代だったら貞子、生粋のユーチューバーだったと思う。

呪いのビデオって実は、売れないアイドルのビデオだったのか…

この発想と視点は天才ですよね。

三十路にとって、ハタチに呪われるとか、ハタチに怒られるくらい何か凹むし。

異動先で10歳年下に「加藤さんって抜けが多いよね」って指導された時の気持ち思い出す。

いやっ、おまっ、ちがっ、なんつーの、わびさびっていうのかなあ。お前が抜けだと思ってるところは、全部詫びであり寂なんだよ。わかんないかね。

龍安寺の庭にある石は15個あるのに、どこから見ても14個しか見えないように配置されてるの。

私の仕事もそういう配置になってるわけで、もう本当に、提出書類にハンコ押し忘れてごめんなさい。まじ、ごめん。ってなる。

 

続きはこちらからどうぞ!

②処女航海は今日も荒波!

加藤はいねさん、胃カメラをすることになるんですが、なんでこんな面白いことが起きて、それを面白く書けるんだろう。

この文章力、嫉妬を通り越して、もはや畏敬の念を抱きますw

師長だって知ってますよね?

私の申し送りの声が小さすぎて、他病棟から小兵の中森明菜って呼ばれてるの。

中森明菜くらいね、声が小さいってことをね、言いたかったんでしょうけどね、ほんと声が小さいことよりもね、小兵とされてたことにショックを受けったっつーの。

私の渾身のまとめ髪が、他病棟でマゲとされてたことを後輩から遠慮がちに聞いた時の衝撃ね。

「だから大きめの声で喋った方がいいですよ」ってアドバイスを頂いたわけですが、小兵の方!小兵解決してない!って。

 

この短文で、笑えちゃいます。天才。

 

つーのに!おい!喉!口がそんなに頑張ってるのに、どうした喉!

微塵も開いてない。

2mmくらいしか開いてない。うちの敷居は跨がせないくらいの勢いがある。

「飲んでー!飲んでー!」ちえみがバブルくらい言うし、周りのwithBたちが、そういうお店かなってくらい「飲んで飲んで」言うけど、私もね、ほんとそっちなら結構飲める方かなって思ってたけど、ほんと、下も処女なら、喉もまさかの処女でね。

咽頭バージンが全然捧がらない。

おっきぃぃぃいいぃい、こんなの、はじめてぇええぇって、水揚げされたエビみたくなったんですけど。クリムゾン先生が描いたくらいビクンビクンってなってたんですけど。
なんなら「しゅごぉおおぃいいい」って矢口をこのタイミングで披露したよね。
なのに、1ミリも入らない。

 

続きはこちらからどうぞ!

③下半身が32年フリーz・・・わあああああああ!!!!!

下ネタ度合いが強めですが、爆笑です。

多分加藤はいねさんの記事の中で、多分一番笑いました。

そして、一週間ぶりくらいに実家に帰ったら、リビングでテレビ観ながら、お母さんが肩にiroha当ててたわけ。もー衝撃的。

エアバックの2,3個膨らんだんじゃないってくらい衝撃。

一瞬にして、喉がカラッカラになった。咳払いしつつ「ただいまー・・」なんて言って、お母さんの横におそるおそる座ったよね。

もう下手なことは全然言えないわけ。

場所は違えど、お母さんが今まさに横でirohaを使っちゃってんの。
信じられない。思いっきりブーンつってんの。

「肩こってんの・・?」なるべく・・なるべく・・平静を保って聞いたよね。

 

irohaはセルフプレジャーグッズですw

お母さんに使われちゃって、どうにか隠そうと奮闘する様子に笑い無しでは見れなかったです。

「あれ職場に持ってったんだけど。欲しいっていう人がいて、
どこで売ってんのって聞かれたんだけどー」
つってーーーーーー!!!

irohaどこ飛び出してんのーーーー!!!

もうね、irohaの冒険が、全然終わらないわけ。
電話口の私は、とてもついていけないわけです。
「忘れた」「知らない」って言葉しか出てこないわけですよ。

したら、向こうも意地になったのか「調べる」って言いだして、
私ももう限界で言ったよね。
「参りました」って。

 

irohaの大冒険です。

続きは、こちらからどうぞ!

④昨日、うちの病棟でアリアドネの弾丸を見かけました。

アリアドネという名は「とりわけて潔らかに聖い娘」という意味があるそうです。
ほぼ、私のことですね。加藤はいね (30才処女)

自虐www

このセリフは、加藤はいねファンの方に知らない人はいないと思います。

前の病院では2年間消化器外科で働いてた。
どんな剃毛にも立ち向かってきた。どんな湿地帯もアマゾンも、きれいに剃りあげてきた。
私は、道具をすばやくそろえて、ごっちんを従えて、
患者さんの病室に飛び込んだ。そこには、ちっちゃいおじさんが居た。緊急の手術を前に、やや緊張の面持ち。苦しそうではない。
私は、長年培ったトークで患者さんをリラックスさせながら、剃毛へと いざなう。

続きはこちらからどうぞ!

⑤オッケー、キリスト。ところで、あたしの誕生日の話も聞いとく?

この記事は、僕が一番好きで、定期的に見ています。笑

1つの記事でこんなに爆笑するシーンがあるのかというくらい、終始笑いっぱなしです。

引用する部分を探しましたが、全部引用してしまいそうになったので、これはなしで。

こちらから是非!

これはファンになるでしょう

多分ですが、ここまで読んでる方いないですよね?

加藤はいねさんの記事を読み漁ってると思う。

僕の記事から、加藤はいねさんのサイトへ飛んでいったことはもうすでに忘却の彼方へと消し去ってしまったでしょう。

そしていまごろ「読者になる」ボタンを押しています。

誰も見てないと思うので、これで終わりますが、僕がはてなブログを選んだ理由は「加藤はいね」さんがいたからです。

どんなエッセイよりも面白いので、出版してほしいんですよね。

もしこれを読んでいる出版関係の方、今すぐ加藤はいねさんに連絡して、なんとか出版契約してください。

僕からは以上となります。

それでは、また次回。