まとめ記事

【神曲10選】おもわず涙がこぼれそうになる曲

こんにちは。うっちーです。

今回は、僕が今まで生きてきて、聴いた瞬間に「あっ、神曲だ」と察した音楽を紹介したいと思います。

ジャンルは様々ですが、心にしみるような、そしていつの間にか涙ぐんでいる…という曲が多めです。

今さらそんな名曲紹介されても知ってるよ…と思われるかもしれませんが、改めて聴くと、やっぱりどれもいい曲なので外部リンクにジャンプして、ぜひ聴いてみてください。

(公式じゃないものは、キーワード検索したリンクを挿入していますので、お好きなものを見てみてください)

それでは、さっそくですがどうぞ!

※ランキングではありません

松任谷由実『春よ、来い』

f:id:cosmically0703:20190322103606j:plainhttps://yuming.co.jp/より引用

 

イントロが始まった瞬間に、目頭が熱くなります。

日本語って繊細な気持ちの表現がとても素敵なので大好きです。

淡き光立つ 俄雨

いとし面影の沈丁花

出典:『春よ、来い』

こんな歌詞を書けて、こんな曲をつくれるユーミンは日本の宝です。

やさしい、包み込まれるような声で子守唄とか歌ってもらったらその子は、きっとやさしくて思いやりのある子に育つ。

やさしさに包まれたなら、素敵な子に育ちます。

『ルージュの伝言』、『ひこうき雲』も大好きですが、イントロでの神曲感が頭一つ抜けてるので『春よ、来い』を選びました。

春よ来い – YouTube

倉木麻衣『Secret of my heart』

出典:倉木麻衣公式サイトから引用

2000年にリリースされた曲なので、僕が7歳の頃ですが、初めて聴いたときのデジャブ感が忘れられません。

なんて表現したらいいのかわからないんですが、生まれてくる前の前世で聴いたことある感じです。笑

そして人生で、一番最初に目頭が熱くなったのが、この曲です。

小学2年生にして、感性が敏感だったのかもしれません。笑

倉木麻衣さんといえば、名探偵コナンでタイアップされてる曲が多いですが、コナンをみるより先に好きになっていました。

『Time after time』も同じような雰囲気で、神曲だと思うのですが、どっちかと言われればやっぱりこちらです。

倉木麻衣『Secret of my heart』 – YouTube

Cecile Corbel『Arrietty’s Song』

ジブリの曲からどれを選ぶかとても迷いました。(苦渋の決断)

ジブリの曲は全部好きなんですが、今回の記事は聴いた瞬間に「あっ、神曲だ」と思った音楽を紹介しているので、こちらを選びました。

この曲は、ジブリ映画の『借りぐらしのアリエッティ』の主題歌です。

民族音楽っぽくて、幻想的な世界観が大好きな僕にはドンピシャ過ぎて衝撃を受けました。

あえて、外国の方が日本語で歌うという絶妙な演出と、少しカタコトなところも大好きなポイントです。

2番のサビが低い音程なのも注目して聴いてほしいところで、さらに世界観にのめり込んでいく感じがします。

www.youtube.com

久石譲『Summer』

苦渋に次ぐ苦渋の決断でしたが、一番最初に久石譲さんを好きになったきっかけの曲でもあるので、summerにしました。

小学生高学年の頃、友達が弾いているのを聴いてから久石譲さんに心酔し、現在にいたります。

去年、東京でおこなわれた『久石譲 ワールド・ドリーム・オーケストラ 2018』のコンサートに行ったのですが、号泣でぢた。。。(ぐすッ)

とてもシンプルで一度聴くと頭から離れないですよね。

久石譲 summer – YouTube

Backstreet Boys『I Want It That Way』

完全に親の影響です。

小学生から高校生までずっと聴いてました。

中学校の英語の授業で、毎月先生が選んだ洋楽の曲を歌っていたのですが、この曲が選ばれた時はテンションが爆上がりしました。

みんな洋楽を知らないので、意気揚々とBackstreet Boysの名曲たちを紹介していたことを思い出します。

『Inconsolable』と迷ったのですが、最初に神曲だと思ったのがこちらなので!

www.youtube.com

Aimer『LAST STARDUST』

f:id:cosmically0703:20190322104100j:plain

はい、僕が大学生で超どハマりしたアーティストさんです。

きっかけは、『残響のテロル』(2014)というアニメのタイアップ曲である『誰か、海を』で知ったのですが、初めて聴いたとき「え、歌うますぎんだろ…」と鳥肌がたったのを覚えています。

そっからずーーーっと大ファンで、東京にいた頃は、ライブ・フェスやAimerさん初武道館のコンサートまで参加していました。

生歌の破壊力はとんでもないです。

ただ一つ悔やまれるのが、去年の12月のコンサートに行く予定だったのですが、メンタルをやってしまい、仕事を退職して実家に帰っていたのでいけませんでした…(泣)

Aimerのコンサートに行けないくらい無気力状態でございました。

そんなことはさておき、神曲だと思う『LAST STARDUST』です。

Fateの挿入歌バージョンしかありませんでした。このシーンはホント鳥肌ですよ。

LAST STARDUST – YouTube

ZONE『secret base 〜君がくれたもの〜』

f:id:cosmically0703:20190322104119j:plainhttps://www.anohana.jp/より引用

アニメでもドラマでも、この曲が流れる一番最後は涙が止まりませんでした。

涙を流す、というレベルではないです。

「ウウッ・・・ヒックッ・・・グズッ」

だいの大人がこうなりました。

曲だけでも泣けますが、『あの花』を観ながら一緒に聴くと、涙腺崩壊します。

僕は、感動しやすい方ですが、涙腺崩壊まではなかなかいかないです。

しかし、涙腺崩壊しました。

どうでもいいと思いますが、このブログを書きながらアニメのラストシーンをYouTubeでみて一回号泣しています。25歳の男が、部屋で一人で。笑

secret base 〜君がくれたもの〜 – YouTube

坂本九『上を向いて歩こう』

f:id:cosmically0703:20190322104211j:plain出典:Amazon

言わずとしれた日本の名曲ですが、定期的に聴いて元気をだしています。

いまきくと、新卒でしんどかったこととか思い出すからあんまり良くないんですが、「上を向いて歩こう」という言葉には、不思議と気持ちが前向きになれる魔力が込められています。

ジブリの『コクリコ坂から』でも使われていましたね。

ああー泣けてきた。口笛めっちゃうまい。

Sukiyaki (Ue o Muite Arukou) – Kyu Sakamoto (English Translation and Lyrics) – YouTube

Lyn『星と僕らと』

f:id:cosmically0703:20190322104256j:plain

すいません、完全に僕の趣味ですが、『ペルソナ5』というゲームのエンディング曲です。

初めてPS4でプレイしたゲームで、一周全クリするまで100時間かかったのですが、3週全クリしてます。ストーリーがわかってても面白いので、やってしまいます。

あ、ゲームの紹介じゃなくて曲の紹介だった。 7分という長めの曲ですが、ペルソナをやった人にとっては余韻が残る曲だったはず。 ホントに終わってほしくないゲームでした。

星と僕らと – YouTube

The Greatest Showmanより『This Is Me』

f:id:cosmically0703:20190322104318j:plainhttp://www.foxmovies-jp.com/greatest-showman/より引用

最後はグレイテストショーマンから選びました!

この曲のメインボーカルのキアラ・セトルさんの感情が周りに伝染していき、最高の合唱になり、涙なしにはみられませんでした。

音楽の最高の形ってこうなんだな、って思わせてくれる神曲です。

www.youtube.com

グレイテストショーマンの曲はどれも神曲なので、こちらのリンクから色々聞いてみてください。

グレイテストショーマン – YouTube

おわり

聴いた瞬間に大好きになる曲ってありますよね。

なんでか理由はわからないけど、自分の感覚にリンクする感じです。

初めて聴く音楽で涙を流してしまうこともあると思います。

10曲だけの紹介でしたが、ここに載せた曲は何百回と聴いてきた音楽で、僕の一部になっているので記事にしてみました。

それでは、また次回!