趣味

【東京】普通のお花見に飽きたなら桜をみながらボート漕ぎがおすすめ

やっはろー。あとがたりぶろぐを運営しているうっちーです。

挨拶文が定まりませんが、なにとぞなにとぞ。

今回は、去年のちょうどこの時期に、友人とボートに乗りながらお花見をしたところ、最高に楽しかったので、東京で変わったお花見をしたいなら千鳥ヶ淵のボートがおすすめという記事を書きます。

週末の予定がない方は、恋人や友人と一緒にボートを漕ぎながらお花見しましょう!

それでは、どうぞ!

千鳥ヶ淵でお花見しながらボート漕ぎ?

東京都の千鳥ヶ淵でボートを漕ぎながらお花見ができるのですが、基本的な情報をまとめていきます。

さくらまつりの開催期間

公式ホームページによると、2019年は以下がさくらまつりの開催期間だそうです。

2019年3月27日(水)~2019年4月7日(日)

今が(2019年3月29日)、ちょうど始まったばかりの頃ではないか!!

でも、人多そう…

できるだけ混雑を避けたい

f:id:cosmically0703:20190329095736j:plain出典:トリップアドバイザー

せっかくのお花見なので、できれば大混雑は避けたいですよね。

営業がオープンする時間帯を狙ったとしても、日によっては2時間待ちということもあるそうです。

東京オリンピックも近づいて外国の方が増えてきてますからね。例年より待ち時間が長くなる可能性もあります。

一番混雑が緩和される時間帯は、12時~13時頃だそうです。

ちょうどみんなが、お昼を食べる時間帯ですね。

そして15時頃からどんどん人が増えてきて、夕方頃にはピークを迎えます。

時間によっては、4時間待ちという噂も…(トイストーリーマニアかよ)

ですが、安心してください。僕は2018年のちょうどこの時期の夕方に行きました。

16時頃に行くと、120分待ちと言われ渋々並ぶ事になりましたが、割と回転は早く、70分くらいで乗船することができました

なので、3時間待ちと言われても、実際に3時間より早く乗ることができそうです。

こういうのって、もっと長く並ぶと思ってたけど、実際は意外と早く乗れた!という嬉しさを感じてもらうために長めに言うことがあるんですよね。

ボートって怖そう…だれでも漕げるの?

f:id:cosmically0703:20190329104922j:plain出典:麻生区 はるひ野・若葉台・黒川の生活事典

狙う時間帯がわかったところで、でもボートって誰でも漕げるの?と思いますよね。

僕は小学生からスポーツをしてきて、運動は得意な方だと思っていましたが、何も知らない素人がいきなり上手に漕げません。(いきなり上手に漕げる人はセンス抜群)

そして、ボート場のスタッフさんは人を回すので大忙しなので誰も教えてくれないまま、湖に放り出されます。

「えっ、ちょまっ、え、もうこれ行くの?待って待って待って待って待って待って待って待って待ってっっ、これどうやって進むんじゃああああああああ」

となるので、親切な僕がボートの漕ぎ方の動画を埋め込んでおきますね。

youtu.be

この動画を事前に見ておけば、あんなにあたふたすることはなかったんですが、是非並んでる間に見ておきましょう。

2分半で、わかりやすく解説してくれています。

その他基本情報

営業時間
:午前9時~午後8時30分
(乗船券発売は午後8時まで)
定休日
:なし

定員
:2人(最大3人のボートあり)
乗船時間
:30分
料金(3月11日~4月10日)
:800円

問合せ
:03-3234-1948(千鳥ヶ淵ボート場)

残念ながら、予約は不可です。

桜の開花情報は、千代田区観光協会のTwitterで確認してみましょう。

千代田区観光協会 (@ChiyodaCityPR) | Twitter

夜のお花見はさらに絶景

f:id:cosmically0703:20190329102040j:plain出典:トリップアドバイザー

さくらまつり期間中は、夜ライトアップもされています。

2019年3月27日(水)~2019年4月7日(日)

時間は日没18時頃から22時まで。

夜のライトアップは見ていないのですが、写真を見る限り絶景に違いないです。

月と桜と湖。

美しい要素が絡まりすぎてますね。

夜行けばよかった…

ボート場までの行き方

・最寄り駅からのアクセス

地下鉄半蔵門線
「半蔵門駅」5番出口、徒歩10分

地下鉄新宿線、半蔵門線、東西線
「九段下駅」2番出口、徒歩10分

・場所

言葉で説明するより、スマホの地図を見たほうが早いのでこちらからどうぞ!

九段下から行くのは、非常に混雑するので半蔵門から行くほうが公式サイトでもおすすめされています。

靖国神社で参拝してから行きたい方は、九段下からでもいいと思いますよ。

ボートを漕ぎながら花見をした感想

f:id:cosmically0703:20190329103448j:plain

僕は友人と行き、じゃんけんで負けてしまったためボートを漕ぐはめになったのですが、けっこう難しかったです。

右と左の漕ぐ力が違えば、まっすぐ進まないんですよね。

大きく右にずれたり、ひだりにずれたり大忙しでした。

ですが、恋人と一緒にボートでお花見はロマンチックだと思います。

まじで映画かよって思います。

若いカップルから、年配の夫婦までカップルだらけです。

他のお客さんもいるので、ぶつかりそうになりながらも人の少なそうなところまで行くと、桜の花びらが水一面に広がっていて、まさに絶景でした。

写真の通り、しだれ桜を目の前で見ることもできて、 インスタ映えすることも間違いなし。

最後、全然違う遊び方をしまして、戻らないと行けない時間が近づいてきて、近くにいたおじさんと、どっちが早く戻れるか競争するということになりました。

これが、僕もおじさんも下手くそなので全然進まないのですが、最後にボートとボートの間をうまく通ることで、本当にギリギリで勝つことができました。(楽しみ方違う)

楽しみ方は人それぞれなので、恋人や友人と楽しい時間を過ごしてみてください。

さくらまつり期間中以外でも営業している

さくらまつり期間以外ももちろん営業しています。

・時間11時~17時30分

・定休日:月曜(3/20~4/15は無休)

・料金:乗船料:500円

お花見や夜のライトアップはみれないかもしれませんが、デートスポットとしては最適だと思います。

おわりに

普通のお花見に少し飽きてしまって、何か違う刺激が欲しくなってる方は、是非千鳥ヶ淵のボート場へ足を運んでみてください。

男性の皆さんは、ボートを漕ぐ男らしい一面を見せることができるので、デートにはうってつけですが、絶対に動画をみて漕ぎ方の勉強をしておいてくださいね。

それでは、ごきげんよう!