厳選10記事

【経験談】休学しても就活に不利にならない話【語学留学だけが休学じゃないよ】

みなさん、こんにちは。あとがたりぶろぐを運営しているうっちーです。

ちょうど就活の時期なので、タイミング的にもいいかと思い、今回は、僕の経験談から、「休学しても就活になんら不利にならない」という話をしたいと思います。

※「就活生向け」です。

☑こんな疑問を持ってない?

  • 就活始まったけど、大学時代特になにもしてなかったし、なにがしたいかわからない
  • 休学って語学留学に行くイメージだし、自分には無理そう

この記事を書いているうっちーは、大学を1年半休学しました。

ちなみに海外とか一人でいったことありません。

普通に怖い。と思ってました。

大学を休学する人ってなんか海外行ったりする意識高い系が多いけど、こんな自分でもしていいのかな?と当時思っていたので、

この記事では「休学しても、自分のやりたいことに挑戦すれば就活にむしろプラスに働く」ということをお伝えしていきます。

何もやりたいことが見つからないまま就活してるなら休学も考えよう

大学三回生とかなら、今からやりたいことにどんどん挑戦していったりインターンに参加してみる時間はあります。

しかし、もうすでに新卒の就活解禁している方はなかなか時間的余裕ないですよね?

エントリーシートとか企業研究とかに追われているはずです。

そして、焦りだすと思います。

「あれ?今までの学生生活、バイトとかサークルとか旅行しかやってなくね?」

これは、完全に僕ですね。

就活の時期は本当に将来どうなりたいのか、ということを考えてなくて、なんとなくで就活してました。

遊んでばっかりだった人がいる半面、大学の単位を優秀な成績で修めてきた人もいるはずです。

「勉強しかしてこなかったけど、自分のやりたいことってなんだろう?」

これは、僕ではないです。(不真面目)

大学の単位は、毎回滑り込みでギリギリ合格。

休学から復学したときも卒業単位ちょうどで卒業しました。

ちょっと話がそれつつあるので軌道修正しますが、「やりたいことがわからなくてESが書けない」と思った人は、実はチャンスです。

本当は大学生の早い段階から、「どういう人間になりたいのか?」、「どういうことで自分は社会貢献できるのだろうか?」と考える必要があったのですが、いまさら考えなかったことを悔やんでもしかたありません。

「やりたいことがなくて困っている」という人は、いままでその課題に真剣に立ち向かってこなかったのでしょう。

というか、その課題に早く立ち向かって行動している人は、もうすでに内定もらいまくっているのでは。

なので、そういう人と自分を比べて卑下する必要はないです。

そんな人は放っておいて、まずは自分。

「やりたいことがなくて困っている」というネガティブな状況をポジティブに捉えてみましょう。

「就活解禁してんだぞ!!圧倒的ピンチやんけ!!」

と思った方は、視野が狭くなってしまっています。

というより「やりたいことがなくて困っている」状態で、自分に向いてそうな仕事をなんとなく当てはめていくことのほうがピンチです。

僕の結論は本当に単純というか、これしかないと思っているのですが、

「やりたいことがなくて困っている」

なら、

「やりたいことを見つける努力をする」

です。

そんなこと頭ではわかってるよ……という方のために、少しだけ僕の経験談もお話したいと思います。

就活失敗から休学を決意

赤裸々に書きます。

2016年の新卒採用が就活一回目でした。

僕は本や漫画を読むのが好き、という理由で出版社を受けていましたが倍率は高く、ほとんど通過しなかったと思います。

それに、読み物が好き、という理由で出版社を受ける人はいると思いますが、それだけでは絶対に内定をもらうことができません。

それで通る人は、よっぽど話が上手い人か世渡り上手な人でしょう。

うっちーにそんな特技はないので、当然落ちまくりました。

本は好きだけど、出版社に入って何がしたいのか、どんな人間になりたいのか、ということを全く考えていなかったんですよね。

そして夏頃になると、出版社の採用はほとんど残っていませんでした。

焦りましたね~。

顔にはださないけど、内心めっちゃ焦ってました。

今まで、順調に生きてきたので、挫折というものを知りません。

夏頃からは、とりあえず残ってる大手を受けてみようという理由で業界関係なくESを出していました。

そこでお気づきかもしれませんが、僕、出版社とか大手の企業ばっかり受けてますよね。

なんでそういうとこばっかなのかというと、「親も安心するだろうし出版社とか入れば友達にも自慢できるんじゃね?」だったんですよね。

今、目の前にあるPCで、当時の自分の鼻っ柱を殴りつけてやりたいですが、グッと我慢。

「親や友達によく思われたい」

自分の人生ではなく、他人の人生を生きていました。

4回生の秋になっても内定は一個も出ず、諦めかけていた時、ふと、大学時代何も挑戦してこなかった自分が嫌になったんですよね。

「このまま卒業は嫌だ」

なんでもいいから、少しでも興味のある仕事に挑戦してみようと決意しました。

当時、ラジオをよくきいていて、好きな番組のコーナーに毎月120通くらいメールを送っていたんですよね笑

いわゆるはがき職人みたいな感じです。

放送作家という仕事があることは知っていたので、自分で企画を考えて台本を書いてそれが番組になる、という部分にすごく惹かれました。

「放送作家という仕事をもっと知りたい!」

そして、休学をすることになります。

これまた長くなってしまうので、この記事ではざっくりとしか書きませんが、休学中はほんとにいろんなことに挑戦して、ようやく自分の人生を生きてるな、という実感がありました。

今思うのは、休学して本当に良かったなと思っています。

結果として、二回目の就活のときは、一回目に比べてめちゃくちゃ通過しました。

面接で、「あまり見たことがない経験ですね」とか「とても面白い経験されてますね」と言われたことが嬉しかったです。

その場で次回選考の案内をするということが、よくありました。

結果的にラジオ局にはいけませんでしたが、就職はできてます。

やりたいことが見つからないは当たり前。だって社会に出てないんだから。

「やりたいことがわからない」という悩みは、まあ難しいですよね。

インターンの経験もないし、自分でお金を稼いだことがなければ、今受けようとしている企業で、自分のやりたいことができるのか、というのは正直わからんです。

そのために、就活生はOB訪問や会社説明会でどんな仕事なのかインタビューをして、自分の理想のイメージとのギャップを無くしていくのですが、自分の責任で働いたことがなければ、完全にギャップをなくせるかというとそれも難しい話ですよね。

僕の場合だと、「やりたいことがわからない」という状態を放置していました。

それが一番危険です。

就職できても、生きるために我慢して仕事を続けていくか、精神を病んでしまうかのどちらかだと思います。

「やりたいことがわからない」なら「やりたいことを見つける努力をしましょう」というのが、この記事で僕が一番伝えたいことです。

結局、根性論かい!と思われるかもしれませんが、僕は真実だと思っています。

(これで、ブロガーとしてすごい実績があれば説得力はあがるんですけどね)

僕は休学中色んな経験をしましたが、いろいろ振り返ってみると、少しでも興味のあることにどんどんチャレンジしていった結果、やりたいことが明確になってきた、と同時に、やりたくないこともわかってきました。

今悩んでいる方は、ESを書く前に自分のやりたいことはなんなのか、ということを今一度考えてみてください。

それでみんなより遅れたとしても、全然いいです。

親になんと言われようが、友達に冷やかされようが、そんなのは他人が言っていることです。

そう言われて傷つくのも、納得するのも自分なので、「自分のやりたいことはなんなのか」、「自分はどういう人間になりたいのか」、自分が幸せになるための努力をし続けましょう。

おわりに

やりたいことがわからないなら、即休学したほうがいいよ、と言っているわけではありません。

もしかすると就活をしていく中で、やってみたい!と思う仕事に出会えるかもしれません。

でも、「やりたいことがわからない状態」がずっと続くようであれば、一度立ち止まって考える時間をつくってみましょう。

最初の方でも書きましたが、「やりたいことがわからなくて悩んでいる」という状況は、実はチャンスなんです。

それに気づけたということは、前に進むチャンスを手にしています。

じゃあ具体的に何をするのか教えてよ!という方がまず知るべきは、社会の仕組みを知ることです。

居酒屋やカフェのアルバイトももちろんいいと思いますが、僕は大学生のうちから自分でビジネスをする、もしくは企業で働いてみることをオススメします。

一度社会に揉まれてみましょう。

そうすると、その中で、自分が何ができて何ができないのか少し見えてくるはずです。

僕も今三回目の就活中です!

幸せになるために努力し続けましょう!

休学中の経験談はこちらから。

【休学①】語学留学だけじゃない休学のすゝめ【テレビ制作AD篇】みなさんこんにちは。あとがたりぶろぐを運営しているうっちーです。 先日こちらの記事で、休学すると就活に不利になるのかというお話をし...

追記

休学の学費は、学校によって異なります。休学を考えている方は一度学校にきいてみるといいですよ。

僕の学校では、ぺらっぺらのちっちゃい紙一枚で休学できました。

(お茶菓子の下にひいてある包装紙みたいな大きさ)