レビュー

【本レビュー】阿良々木暦、社会人編!『結物語』の感想【新キャラ4人も登場します】

まさかの大学生飛び越えて、阿良々木暦、社会人一年目からの物語。

オフシーズン完結編とのことで、どんなキャラクターのエピソード0を読めるのかと思っていましたが、新キャラ4人も出てきましたね。

ですが、わずか数十ページでキャラクターを魅力的に感じさせるテクニックはさすがです。本当にその人が生きているみたいでした。

 

高校生の頃は、仲良くおしゃべりしていた相手と疎遠になり、身近にいる人と行動をともにするということは現実でもよくあることです。

特に大学生になると地元を出て、都会の大学に進学するということは多いのではないでしょうか。

羽川、神原、撫子、真宵、斧乃木ちゃんなど、高校時代はとても仲良くおしゃべりしていたキャラクターとも、大学生以降は疎遠になり、あまり詳しい近況を知らないような感じでした。

 

こういう現実世界でよくあること、を小説に入れ込み、ご都合主義のような展開ならないところは本当にすごいと思います。

 

 

 

大学生の時、ひたぎと2回別れて2回よりを戻したみたいな話がありましたが、さらっとぶっこんできたので3回くらい読み戻してしまいました笑

ラブラブカップルでも、喧嘩して別れることがあるという人間らしいエピソード、最近のシリーズものにはないですよね?(SAOのキリト、アスナは全然喧嘩もしないし、デレデレしかしない…)

 

書きたいことはまだまだあるのですが、次の忍物語を早く読みたいのでここまでにします。

いよいよ大学生編!

(結物語が大学生とばして社会人なので、いよいよというのも少しおかしいのか?)

個人的に一番好きなオイラーが暦、ひたぎと楽しいキャンパスライフを送るとのことなのでめちゃくちゃ楽しみです。