レビュー

【映画レビュー】これぞJAPAN!?不気味な世界観の『犬ヶ島』

日本語吹き替えの方で観ました。
(外国のアニメーションは日本語吹き替えで観る謎のマイルール)


有名な人が声優やってるみたいでしたが、メインの犬たちと他は戸松遥(カタコトすぎて笑った)、夏木マリ、島﨑信長の声くらいしか聞き取れませんでした。


渡辺謙とか山田孝之とか松田龍平とか松田翔太とか池田エライザとか出てましたか?全然わかんなかった……。

こんな物語です。

「その昔、犬と犬嫌いの小林一族との間で戦争があった」と序幕で語られる。

劣勢の犬に同情した少年侍は戦に参加し、小林一族の長を殺害するが少年も亡き者になりその魂は祀られ、結局犬も小林一族に勝てず服従を余儀なくされる。

それから千年後。メガ崎市では犬の伝染病“ドッグ病”が蔓延し始め、社会問題となっていた。

科学者である渡辺教授は「ドッグ病を治す血清がじきに完成する」と主張するが、小林市長はそれを無視し、犬をゴミ島へ隔離することを決める。

最初にゴミ島へ送られたのは、小林アタリの飼っていたスポッツだった。

そして、ゴミ島への隔離が決まって6ヶ月後、スポッツを探しにアタリは飛行機を使いゴミ島へ不時着する。そこで待っていたのは、犬のレックス、キング、デューク、ボス、チーフだった。

出典:Wikipedia

サイコパスみたいな犬の目が印象的でジャケ借りしたのですが、印象通りかなり独特な雰囲気を持つ作品でした。(目がイッチャッテル)

 

どうやって撮影してるんだろうと思い、調べてみるとストップモーションアニメーションというジャンルみたいですね。


確かにティムバートンの『コープスブライド』とかそうでした。
でもティムバートンの世界みたいな気持ち悪さと美しさの融合みたいな感じではなかったです。
犬の目とか動きは不気味な感じではあるのですが(人間の話し方がカタコトなのは何か意味があったりするのかな)、アタリ少年と犬の交流がとても温かく描かれていて、感動的な場面で、人形の目にジワジワと涙がたまっていく様子が愛おしいなと思いました。

 

監督が『グランドブダペストホテル』などおしゃれな映画を撮っている方らしいので(まだ観たことない)、アニメーション専門の人じゃないんだと驚きました。


それなのにこのクオリティは天才かよと思ってしまいます。

 

日本に対する外国からのイメージがそのまんま現れていて、オープニングの和太鼓や相撲、歌舞伎、屋台のお店、寿司など、これぞジャパン!と言われてるみたいで思わず笑ってしまいました。

 

追記
他のレビューみて思ったのですが、「外国アニメは日本語吹き替えで観る」という自分の謎ルールが裏目に出た?


なんだかそんな気がするので、また英語で観直します。